• 管理者

生活環境が変わる相手への配慮

最終更新: 6月1日

「私の親は先祖代々続く老舗旅館を経営しており結婚することになり、旦那さんが今までの仕事を辞め老舗旅館の手伝いを行なうために婿養子で来てくれた」や「結婚することになり妻は今までのパート生活をやめ隣の県の私の職場近くの新居に引っ越してきてくれた」等、結婚によりどちらか一方の生活環境ががらりと変わることがよくあります。こういった場合にあなたがすべき相手への最大の配慮について説明していきます。



頼るのはあなたしかいない

結婚生活でまったく新しい土地に来た相手。こんなケースは結婚では珍しくありません。まったく新しい土地に来た相手はどんな気持ちでしょうか。引っ越して来たばかりの相手は近所に親しく話せる友人はおりませんし、それどころか知り合いすらいないです。唯一の知り合いは一番信頼の置けるあなたなのです。結婚してすぐに何か仕事を始めるにしても、その職場に慣れるまで気苦労が耐えませんし、近所の人と仲良くなるにしても時間の掛かることです。


こんな生活環境の変化の中で、全てのことはあなたに向けられます。今日あったちょっとしたことから、ちょっとした不安や不満、全てあなたが吸収してあげることが大切です。頼るものが何もない中であなたが頼れる存在でなければ、パートナーはきっとすごく辛い思いをすることでしょう。どんな些細なことでもあなたがしっかりと受け止めてパートナーのちょっとした気持ちを全て受け止めてあげてください。


しつこいようですがあなたの最愛のパートナーです。そして生活環境が変わるというのはとても大変なことなのです。しっかりとパートナーの気持ちを受け止めて支えてあげてください。そしてこれもまた結婚生活を楽しく長続きさせるコツでもあるのです。

5回の閲覧

Copyright © 2014-2020 ナモラール結婚相談所

神奈川県伊勢原市笠窪488-1-202

​代表者 沢村操

090-6185-9823 必ず留守電を残してください

support@namorar-marriage.com 会員・二度目以降の肩専用

​はじめての方専用の問い合わせフォーム