• 管理者

夫婦円満の秘訣

私達の教訓から夫婦円満の秘訣を考えてみました

幸せな結婚生活を維持するためにも大切な夫婦円満の秘訣とは何でしょうか?ここでは恥ずかしながら夫婦円満な結婚生活を送っている私達夫婦から、ちょっとおおげさですが夫婦円満の秘訣をご紹介していきたいと思います。

些細なことでも手を差し伸べる

私達夫婦の日常を振り返ると本当に些細なことでもお互いに手を差し伸べています。例えば妻は女性の中でも身長が低い方ですが、家の中で高い所に物が置いてあって取りにくい時に私がとってあげたり、洋服屋さんで上の方に陳列されていて取りにくい商品を取ってあげたりしています。私は最近あまり細かい字が読みにくくなってきてますが、妻は率先してそれを読んでくれます。仕事や遊びなどで二人ともよく筋肉痛になりますが、薬がない時はまっさきに買いに行ったり、お互いにマッサージしたりしてお互いの回復に努めています。これはほんの一例ですが些細なことでもすぐに手を差し伸べあうことで支えあっていますし、


こんなちょっとしたことが本当に助かります。おおげさですが相手の優しさを感じることが出来る大きなことではないでしょうか?常に相手の気持ちに立って考えそして手を差し伸べることはとても重要だと思っています。是非実践してみてください。


何でもよく話す

私達夫婦は朝起きて「おはよう」から寝るときの「おやすみ」まで本当によく話します。その日二人があったちょっとしたことをたくさん話します。「今日、こんなことがあったんだ。」「今日、TVでこんなことを言ってたよ。」・・・本当にちょっとしたことでもたくさん話します。仲のよい夫婦はこういった些細なことでも話してともに笑ったりともに泣いたりして話題を共有していくものではないでしょうか。


もしあなた達夫婦にあまり会話がないのであればそれは冷え切った夫婦生活になる第一歩なのかも知れませんので、些細なことでも話すように努力してみてください。


共通の趣味が多い

私達夫婦は共通の趣味がとても多いです。というか恐らく妻が私の趣味に一緒にはまっていってくれたおかげだと私は感謝しています。そのおかげで本当に何をするにも一緒だしどこへ出掛けるのも一緒だしと楽しいことを常に二人で一緒に出来ます。何でもよく話す二人で沢山の共通の趣味があるので、話題はことかきません。常に笑いのある暖かな家庭になっていると私は思っています。


もしあなた達夫婦が共通の趣味を持っていないのであれば、私の妻がしてくれたように相手の趣味に自分もはまっていくことでそれが共通の趣味になっていきますし、共通の趣味が出来ると話題も増えますのでお勧めです。


どこに行くにも夫婦で行く

私達夫婦は一緒に行動することが多いです。仕事などで別々の時間もありますが、それ以外の時間は常に一緒にいます。例えば近所のスーパーへの買出しなんかも常に二人で出掛けます。私が少年だった頃母親と一緒にスーパーに行き、こっそり品物を買い物かごに入れて・・・なんて思い出のある方も多いと思いますがあの感覚なのかも知れませんが、妻と一緒にスーパーに行くのが本当に好きです。ここでは一例でスーパーを挙げましたが何でもいいと思います。出来るだけ二人で一緒に出掛ける習慣を付ければそれが二人の共通の話題にも繋がってきます。


特に何も思い当たらないという方はとりあえず旅行に誘ってみましょう。相手の行きたいところでいいですので、一緒に出掛けて一緒の時を共感していく所から始めてみましょう。


いつも手を繋いでいる

二人で出掛けることの多い私達夫婦はどこに行くにも常に手を繋いで歩いています。手を繋ぐことでより二人の間の距離は縮まりますし歩きながらの会話も増えます。「こんな店あったっけ?」「あの人目つきが怪しいな・・・」とかその街で見た色々なことがまた二人の話題になっていきます。


今更恥ずかしいから手なんて繋ぎたくないと思われる方もいらっしゃいますが、手を繋いで歩いている老夫婦とかみても微笑ましいと思えませんか?決して恥ずかしいことではないと思いますので、そっとパートナーの手を握ってみてください。


家事は出来る人がやる

私達夫婦は家事は出来る人がやっています。私は料理を作ったり食べ歩いたりするのが一つの趣味ですが、それもあり食事を作ったり食事の後片付けなんかは主に妻ではなく私が行なってます。最近では妻が若い頃に比べ体重が増えてきたのもあって、妻のダイエットメニューを毎日作っています。家事というのは専業主婦が多かった昔は確かに妻がやることが多かったと思いますが、共働きの世帯が増えた現在では、家事は妻が中心にするということではなく、旦那も積極的に家事をするべきだと思います。もともと家事は妻の仕事ではありません。二人で家庭を作っていくのですから、二人で協力してやっていくのが一番だと私は思いますし、


家事をしてくれた相手には必ず感謝の言葉を言って労をねぎらってあげましょう。それにより夫婦で家庭を作っているという一体感が生まれますし、結婚生活に多い家事に関する不満も解消されると思っています。

2回の閲覧

Copyright © 2014-2020 ナモラール結婚相談所

神奈川県伊勢原市笠窪488-1-202

​代表者 沢村操

090-6185-9823 必ず留守電を残してください

support@namorar-marriage.com 会員・二度目以降の肩専用

​はじめての方専用の問い合わせフォーム